FC2ブログ
鬼畜眼鏡
相変わらずレビューって何?って状態ですが、個人的な感想とともにつっぱしってみます。

*シナリオ

Mr.Rって何者?というのが前提にあったのでそれが気になったためか最後まで比較的飽きずにプレイできました。
いろいろなエンディングを集めることでおまけシナリオが見れるというのが良かったと思います。
この辺りが人気が出るゲームとそうでないものの違いかもしれないですね。
あと、コミカルなだけじゃなくてシリアスもあるのでそんなところも良かったです。
BADの中にも楽しめるものもありますよ。
私としては文句はなかったです。

*原画

みささぎさんはBL界では有名人だと勝手に思ってるんで素敵でした。
まぁ、オヤジしか描かない人だと思ってたので手を出したことはなかったんですけどね。
でもここで一気に好きになりましたよ。
ともかく眼鏡克哉の立ち絵が好きで好きでしょうがない(笑)
普通にカッコいいんですけど。
私の好みだとこの人の絵はへたれとか優しい系よりも目つきの鋭いキャラの方がいいと思う。
えちシーンに関しても悪くないですね。
胸から腹にかけての描き方が何故か好みです。
あと小さい頃の克哉が予想外に可愛かった。

*音楽

OPはヘヴンと同じあの人だし、何度も聞きたくなるカッコ良さ!
あとボイス確認のところでのセリフが「俺は眼鏡が大好き」(一人称などに変化アリ)なのには笑いました。
BGMとSEは可も不可もなくって感じですかね。
特に気にならなかったんで問題はないと思います。

*キャラクター

【佐伯克哉(ノーマル)】
ビジュアル的に好みではない(苦笑)
でもプレイ前よりはプレイ後の方が好きになりました。
健気でいい子。
それに太一ルートでは意外に行動的な一面も見せてくれたし。
おまけのところで見られる克哉(眼鏡)×克哉も意外に良かったです。
眼鏡克哉は自分にも容赦がない!

【佐伯克哉(眼鏡)】
かなり好きです。眼鏡をかけるだけでこんなに変わってしまうのがすごいですね。
Mr.Rに調教されるっていうBADED…あれはあそこで終わったのがちょっと残念かも。
どうせなら眼鏡克哉も陵辱されてしまえというのがプレイヤーの希望じゃないかな?(え)
フルコンプのおまけは克哉の言うとおり眼鏡verでケーキを盛り付ければよかったんじゃない?……ダメですか?そうですか…。
しかし犯罪ギリギリのこの人、BADではいろんな人に刺されますね。
やっぱり愛のない陵辱はいけませんよってことでしょう。
あ、あと腐った果実に爆笑でした。
でも実は『君臨する場所』が一番好きなEDだとかは言ってはいけない(苦笑)…ごめんね!
いいじゃん!虚ろな目のみんなに囲まれて快楽とともに暮らすとか最高じゃないですか!(←人として最低だ)

【御堂孝典】
大本命です。この人のために購入に踏み切ったと言っても過言じゃない。
素晴らしいツンデレ。ベストオブツンデレ。
まぁ御堂さんだけ鬼畜プレイのレベル高すぎに感じるのは気のせいってことにしておこう。
彼のルートではいろんな道具が出てきたなぁ…。精神崩壊ギリギリだし(遠い目)
あとどう選択していいか分からないようなものとかね。
克哉×御堂のベストエンドでは胸キュンです。
少女漫画のようじゃないですか。雪の降る中で一年越しのキスとか。
あの告白シーンの甘さに驚きです。いままでの監禁とか陵辱の日々はなんだったの!とね。
御堂さんもよく好きって一言で許したよね…。
御堂×克哉のときは…ホント最初の頃は無理やりすぎていらいらしました。何故か。
たぶん私の中で御堂は完全に受けなんでしょう。
受けのくせにドS気取りでコッチを攻めてくるのが許せないんでしょう。
でも、こっちのEDもそれなりには好き。よりツンデレ度が高いですしね。

【本多憲二】
はっきり言ってノーマークでしたがわりといけました。
同僚とか友達に欲しいタイプですね。頼れる兄ちゃん。
克哉×本多は普通に男×男を感じられて楽しかった。
特にじゃんけんで決めねぇか?という発言がツボにきた。
無理だと思うけど、いつか本多が眼鏡相手に攻めになれるといいな。
本多×克哉は普通に甘くなってていい。
全体的に本多との絡みは甘いね。いろんな意味で。
確か道具とかもつかってなかったし。

【片桐稔】
新たな属性乙女親父(笑)
彼の場合前半鬼畜で後半は甘めですね。
片桐さんは優しくされると好きになっちゃうタイプ…っていうか構われるだけで好きになっちゃうタイプです。
だから他の人よりも早く状況を受け入れちゃってるんですよね。
しかしインコを逃がしたときや、雨の中縋り付いてきたときED回収のために蹴らなきゃいけなかったときは心が痛みました。
いじめちゃいけないタイプな気がして(笑)御堂とかは比較的がんがんいけるんですけどね。
あと彼のベストEDの途中で眼鏡克哉の肩にとまった静御前(インコ)がすごく可愛いんですが。
これがギャップ萌えというやつですか?

【五十嵐太一】
まさかこんな設定があったなんて!と一番驚いた子ですね。
まさか実家がやのつく職業だったとは…。
しかもロイドのマスターがお父さんだったとは…。
私としては絶対克哉×太一があってほしかったのに!
…残念。

【須原秋紀】
ごめんなさい。たぶん一部同属嫌悪です。あまりこの子は好きではない。
騒ぎすぎなところがなんだか嫌なんだな。
しかしこの子のベストエンドもすごいことになってます。
気持ちが分かってしまうから困るんです。
貴方の飼い猫になりたい、とか…。……ぶっちゃけ俺、これと同じ言葉を同性に言ったことがあったんだよ……。(おい)
まぁ、BADEDで逃げ出したのはあるい正しい判断じゃないかな?

【Mr.R】
フルコンプしても何者かは謎だったような…。
……とりあえず人ではないことだけは分かったよ!!
RはなんのRなの?やっぱりレンズ?

*その他
私の好きキャラは
御堂→克哉(眼鏡)→本多→片桐→太一→克哉(ノーマル)→Mr.R→秋紀
の順でした。
もしかするとこのゲームをやると会社の仕組みとか接待の仕方とか仕事の仕方が勉強できるかも?(笑)
ともかく、鬼畜好きにはたまらない一品です。
学園ヘヴンの中嶋が好きだという人は絶対はまると思います。
システムも使いやすかったので良かったです。
セーブデータを簡単に消せるところが特徴ですね。これでクイックセーブ機能があれば完璧だと思う。

…総評としてはかなりレベルが高いです。
好みのキャラがいるならやってみて損はないかも。


鬼畜眼鏡 初回限定版 鬼畜眼鏡 初回限定版
Windows (2007/07/20)
SPRAY
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト



レビュー・感想。トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
Live×Evil~熱砂のプロメテウス~
正直レビューって何すればいいんですかって感じなんで単に感想です。
ネタバレは当然の如く出てます。

*ファンレンルート

大本命でした。
わりと期待は裏切られてません。
ファンレン、イメージ通り可愛い子w
お酒に酔ったところも、子供っぽく不貞腐れてるところも、なのに意外と鋭いところも、大好きです。

一番好きなのは最初のえちシーン…。というかぶっちゃけフェ○…
もう、反則的に可愛い!
このシーンでの伏せ目と上目の使い分けが絶妙すぎて胸キュンなのです。
セイジュの比じゃない色気ですよ(←酷い)
あの状況じゃケンショウじゃなくても押し倒したくなるよね!
髪の毛とか引っ張りたくなるよね!
意地悪したくなるよね!?
二回目のときの俺を淫乱みたいにいいやがってー…ってなってるところもなんだか可愛くてよかったです。
私の中でファンレンは受けなんだけど、意外とファンレン攻めもアリかも。
中古って言い回しが何故だかちょっとツボでしたw
全体的にエロくてよろしいと思います(にやにや)



*コウルート

前作では一番好きだったかな。
最近三木さん離れが深刻化してたんですがこれはなかなかいい三木です(笑)
さすがベテランって感じでいろんなところで演技力発揮してくれてた気がします。
主に怒ったときの表現とか。
どすのきいた三木さんってあまり聞かないから新鮮でした。

そしてえちシーンもねー…異様に可愛くなるわ。この子。
ケンショウ×コウでの事後のやりとりが好き。
やり終わったらすぐに平常に戻ってしまうケンショウに不満げなコウね。
…可愛いよ。



*セイジュルート

このルートではケンショウ×セイジュのみなんですよね。リバはないんですよね。
最初は正直あまりセイジュが好きではなかったので期待してなかったんですが実際やってみたら意外に良かったかも。

やっぱり鈴村さんの声好きだわ。
完全なる受けですね。…だって攻めの鈴村さん聞いたことないんだもん。
……ん?いや、ごめん嘘だ。攻め鈴村は知ってる。やったことある
エトワールの方程式は攻め鈴村がいたわ。(全キャラリバだから)
っていうか神無ノ鳥も攻め鈴村だわ。

ま、まぁとにかくセイジュはですね。
ケンショウさん大好きーというまっすぐな気持ちが子犬みたいで可愛いです。
こんな子を裏切らなければならないとか、心痛い…。

特にバッドルートに関しては痛かった。
泣く位なら撃つなよ、といいたい。
あの後セイジュも後悔したんじゃないかなぁ…。

あ、あとここのルートではアキたち兄弟の描写が入ってるのでそこも見所ですね。



*ユウシルート

やっぱりこれが真相っていうか、メインになるのかな。
一番しっかり描かれていた気がします。
このルートだけはわりと恋愛に突入するのも自然だったと思う。
二人のキスシーンになんだか安心させられる自分がいました。

あとバッドEDは唯一好きかも。
ちゃんとバッドだったというかなんというか。
本当に泣きそうになったからね。
お互い大切な相手なのに、信念のためにすれ違い銃口を向け合って撃ってしまって…、なのに、ユウシは最初から撃つ気なんてなかった…というところがなんだかツボ。
終わり方がコウのバッドと同じだったのは残念ですけど。
牢屋の中で精神異常っていう…。


*総評

シナリオ→どのルートも同じ軸の上にいるので途中で飽きるかも。既読スキップも微妙に文章が違うと止まるから不便だったし。
恋愛についても物足りない気がしました。濡れ場も短いし。
でもそれぞれで飽きないように体位とか変えてるところは良かったなーと思います。
全体としてバッドエンドが微妙でした。なかなか帝国千戦記を超えるバッドEDは現れないね。。。

原画→ちょっと同人絵っぽさを捨てきれてないような気がしました。
ただ、そこまで過激でもないから私は安心してプレイできました。
コイビト遊戯とか、みらくるのーとんとか、メサイアとか、最近すごいからね。
特にコイビト。私としてはピー(放送禁止)を赤く塗り過ぎるのはどうかと思うのよ。
…下でスミマセン(汗)

音楽→SEは特に気にならなかったんで問題ないと思うんですがBGMに納得がいきません。
濡れ場でのBGMの選択を間違ってるとしか思えないんですけど。
えちシーンに入る直前の告白とか、恋愛イベントのしっとりした音楽は雰囲気に合ってていいと思うんですが、暗転した途端に音楽が変わるんですよね。
アレはどう考えても甘くもないし、むしろ何かのミッション?見たいな感じ。
絶対空気を壊してます。
それがはっきり言って微妙だったな。

キャラ→声優さんが豪華です。成田に三木に鈴村に…。
ただ、攻略対象が4人と少なめです。
セイジュ以外リバーシブルだからボリュームには問題ないのかもしれないけど…。

まとめ→どちらかというとBLが見たいというよりは物語に浸りたい人向け。
恋愛に関しては後半にならないとなかなか出てこないのでもどかしく感じます。
世界観はしっかりしてるからそっちの方で楽しむべき作品ですね。
それぞれエンディング後の妄想のしがいがあります。

ちなみにフルコンプしてみて、私はケンショウ攻めならなんでもいけるみたいですよ(笑)
相手はファンレン→コウ→ユウシ→セイジュの順に好きです。

Live×Evil(ライブ バイ エビル) 熱砂のプロメテウス Live×Evil(ライブ バイ エビル) 熱砂のプロメテウス
Windows (2007/02/09)
イマ・エンターテインメント
この商品の詳細を見る

レビュー・感想。トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
所有コミックスリスト。
まとめてみました。相変わらず暇じゃないのに暇人です。

そのうちレビューするかもってことで。

~~

麻生海 『保健室まで何m?』 
    『それは一瞬の光、ではなく』 
一宮思帆 『愛のオーラ』 
     『純愛と不純愛のカタルシス』 
一之瀬綾子 『ゴーゴー僕たち』①② 
樹要 『ワガママだけど愛しくて』①② 
梅沢はな 『愛と欲望は学園で』①~③ 
えとう綺羅 『年下の恋愛事情。』 
緒川らいち 『エトワールの方程式』①② 
奥田七緒 『誰かの好きな人』 
     『Honey/Chocolate』 
小田切ほたる 『タイム・ラグ』 
       『その指だけが知っている』 
       『透明少年』① 
       『裏切りは彼の名前を知っている』① 
神葉理世 『愛人淫魔ver.PINK』 
神崎貴至 『Love+α』
     『純愛フェチズム』
如月清華 『マイディアスイートハート』
如月弘鷹 『兄弟限定!』①
北上れん 『ひとり占めセオリー』
楠本弘樹 『吸血鬼の肖像』
桑原裕子 『王子様Lv.2』①②
高坂透 『お金がないっ』①~⑥
こいでえみこ 『やってらんねぇぜぇ!』②~⑥、外伝①
櫻井しゅしゅしゅ『Missing rode』
        『無人島ラバーズ』
        『快感インビテーション』
        『われら宝裸コーポレーション』
        『万太夫とオレ』
佐倉ハイジ 『俺様なペット』
      『思い知れ。』
      『お味はどうですか?』
      『感応喫茶店』
      『暴れる犬』
      『お世話やきます』
      『これからどうしよう?』
志野夏穂 『私立翔瑛学園男子高等部倉科先生の受難』①③
     『意地悪なアイツ』
シマダマサコ 『どらきら』
霜月かいり 『Inferior Doll』
      『MADNESS』①~②
      『Heaven's Love』
蛇龍どくろ 『シュガーミルク』
しょうとあや 『オレって、天使』
鈴木ツタ 『hand which』
高城リョウ 『1ナイトレッスン』
      『ダブルエッセンス』
      『キレパパ。』①②
      『王子様ゲーム』
      『守護霊様についてコイ』
      『お米ちゃん。』
      『GET THE MOON』
      『ブランドール』
      『天使の中に悪魔アリ』①②
高永ひなこ 『チャレンジャーズ』①
      『リトルバタフライ』②
      『恋する暴君』
      『不器用なサイレント』
高群保 『JAZZ』①~④
DUO BRAND. 『仄かな恋の断片を』
中村春菊 『純情ロマンチカ』①~⑧
     『純情ミニマム』
     『HybridChild』
西河樹菜 『スイートホーム志願』
二宮悦巳 『いそがないで。』
夏乃あゆみ 『両想いの確率論』
猫田リコ 『ロロロロマンチック』
     『イエス・マスター』
     『丸の内ラプソディー』
     『ザ・青春』
     『少年地獄』
     『花というよりキス』
     『少年ビューティー』
氷栗優 『学園ヘヴン』
    『学園ヘヴン中嶋編』
深瀬紅音    『ポケットセンチメンタル』①②
文月あつよ 『ラプンツェルに吹く風』
真山ジュン 『愛に生きたいだけなのさ~BL探偵~』
松本テマリ 『ウワサの二人』①②
      『王子様のお勉強』
      『先生の事情』
      『今日からマのつく自由業』①~③
村上真紀    『グラビテーション』①~⑪
三島一彦    『間宮生体人形店』
        『オヤジ拾いました。』
        『関係はまだLv.1』
        『Reverse!?』①②
        『いっそもうくどきたい!』
水樹カナ    『うさぎの王子様。』
        『天使のための処方箋。』
水名瀬雅良   『ラヴァーズ・ポジション』
みなみ遥    『禁断の甘い果実』
        『花色バージンソイル』
        『専属で愛して』
宮城とおこ   『G線上の猫』①②
宮下キツネ   『ストップ!ご主人様』
やまねあやの  『異国色恋浪漫譚』
        『ファインダーの標的』
        『ファインダーの檻』
        『ファインダーの焦翼』
        『クリムゾンスペル』
唯月一     『王朝春宵ロマンセ』①~③

~~
レビュー・感想。トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| ホーム |
プロフィール

霜月氷澄

Author:霜月氷澄
Birth:198*.10.23
Blood:AB

アニメ、ゲーム(RPG、乙女、BL、アクション)漫画(少年、少女、レディース、青年)芸能、ジャンル関係なしにBoysLoveが好き。

++++++++++
お気軽に拍手、コメントしてくださいませ。
BL話題についてこれるお友達募集中です。
mixiの方が出没率高いっぽい。
++++++++++

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

応援中・公式HP

メッセサンオー
銀のエクリプス・公式サイト +++++++++++++++++++++++ ※18歳未満の方は注意↓ +++++++++++++++++++++++ 紅色天井艶妖綺譚
PIL/SLASH
nitro+chiral
Spray

主張・同盟

古キョンもいいけどキョン古もね
いっちゃん受け同盟
カルツルート妄想同盟
OVER35-おっさんを丸ごと愛す
ザエルアポロチョコレート同盟

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる